Category
イラストレーター

カルアカブログ

イラレの「アートボードを選択オブジェクトに合わせる」が便利!

こんにちは、デザイナーのTantanです。

Illustratorを長年使っているはずなのに、最近になって便利な機能を知って「なにこれ超便利!いままでの時間はなんだったんだ!」ってなることがあります。

先日、「アートボードを選択オブジェクトに合わせる」を知って嬉し涙を流したので、ご紹介します。

メニューの場所

その機能はメニューコマンドにあります。

メニューコマンド→オブジェクト→アートボード→選択オブジェクトに合わせる

または、アートボードツールのコントロールパネルにもあります。

プリセット「カスタム」の部分を押すと出てきます。

オブジェクトウィンドウのオプションに入ってなくて、どうしてプリセットに入ってるのか、不思議でなりません。

「アートボードを再配置」とかの近くに入れといてくれたら気づいたのに、、、

伸縮する縦長webページに便利!

ページごとに長さが違う

縦長のwebページを作っていると、コンテンツ量によって高さは伸び縮みしますよね。
トップページはすごく長くて、下層ページは短かったり。

ヘッダーとフッターを選択、アートボードツールに持ち替え
プリセット→選択したオブジェクトに合わせる

アートボード上のもの全部選んでもいいですが、両端だけでも大丈夫。
web制作ならヘッダーとフッターでOK。

そしてアートボードツールに持ち替えましょう。
コントロールパネルのプリセット「カスタム」のところからプルダウンで選択。

ぴったりサイズになります

アートボードツールでドラッグしてサイズ合わせるの結構ストレスだったので、これは快感!

ショートカットを登録するとさらに便利

デフォルトのショートカットは設定されていません。
ショートカットは、メニューコマンド→オブジェクト→アートボードの中にあります。

私はcommand+Option+Oを入れてみました。(アートボードツールのshift+Oと関連付けて)


ショートカットをあてると、ツールを持ちかえる手間もなくて超便利!

注意点 マスクを含むシンボル

ヘッダーやフッターを、使いまわすためシンボル化することがありますが、
シンボル内でマスクをかけていると、余白までアートボード範囲にしてしまいます。

シンボル内じゃない普通のマスクは大丈夫みたいです。

その場合、配置後のシンボルにマスクをかけるとか、別の四角形を下に敷くとか、ちょっと工夫がいりそうです。

Tags
webデザインの小技

関連記事

関連サービス